にんにく一つで変わる!

にんにくパワーの実態

にんにくを使った料理と使わない料理では出来上がりの味に大きな差があります。

新着記事

食べられないにんにくはない
参入するにんにく商品

にんにく一つで変わる!

料理番組や料理雑誌などのレシピを見ていると、材料に、にんにくが使われていることってよくありますよね。

特に肉料理やメインの料理にもなりパスタや炒め物、焼き物には必ずと言って良いほど、刻みにんにくといった材料が登場することも珍しくありません。

しかしながら、料は少量なので「にんにくって使っても使わなくても一緒じゃないの?」と、どうしても疑って掛かる人もいらっしゃいますが、いえいえ。

にんにくを使うのと使わないのでは大きく違うんですよ。

出来上がったときの香りから全然違います。

元々香りを出すために使うことが多いのですが、にんにくに匂いをオイルに移すととっても香りと風味が増すんですよ。

しかし、にんにくを料理に使うときの注意点が一つあります。

炒め物をするときはまず最初ににんにくをオイルで炒めて香りを出すことが良くありますが、この時、焼きすぎてはいけません。

キツネ色になるくらいまでがベストですが、あまり焼きすぎて焦がしてしまうと、苦味が増してしまうのです。

そうなってくると味にも多く左右されますので、最初に焼くときは中火くらいの火力で、さっと炒めてしましましょう。
http://www.4atrix.com/

にんにくも結構扱い方がデリケートなんですよ。